MJOT主催第三回日本語キャンプ

2011年7月4日から8日まで、今年も法門仏教大学を会場にハンガリー国内外から25名の参加者を迎えて、第三回目の日本語キャンプが行われました。昨年はクロアチアとイタリアから大学生が参加しましたが、今回はカスピ海沿岸のカルムイク共和国から5名の中学生と先生が参加しました。

月曜日から金曜日までの午前中はMJOT会員の先生が90分の授業を八回担当し、参加者は色々なことを楽しくたくさん学びました。月曜日と火曜日の午後は書道と墨絵を習って、素晴らしい作品を仕上げました。そして、木曜日の午後は小原流の生け花も勉強しました。

恒例となった国際交流パーティー(水曜午後)ではハンガリー料理のグヤーシュと日本の巻き寿司、そしてカルムイクのパンケーキを食べながら、歌を歌ったり、スイカ割りをしたり、あっち向いてホイをしたり・・・。

参加者全員に楽しい一週間を送ってもらえたようです。また、このキャンプに関わったMJOT会員も学生ボランティアの皆さんも協同作業を通して充実した一週間を送りました。いつの日か、あなたも日本語キャンプへお越し下さい。

MJOT日本語キャンプ実行委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です